奈良県大和郡山市にある当院は疲れにくい身体に体質改善する整体です

せき整骨院


肘の痛み

肘の痛みの概要

肘の痛みで多いのは、肘の外側が痛い「テニス肘」と、肘の内側が痛い「野球肘」があります。どちらも野球やテニスの動作で起こりやすい為、症状の名称に”テニス”や”野球”がつきますが、実際には仕事や家事の動作でも患う症状となります。

肘には上腕骨、橈骨、尺骨という3つの大きな骨が集まり、3か所の関節を形成しています。骨の先端は関節軟骨で覆われていて、衝撃をやわらげるクッションの働きをしています。その周りには靭帯や腱が取り囲んでいて、「テニス肘」や「野球肘」は、その靭帯や腱と骨の付着部が障害を起こしていると考えられます。

肘の症状は基本的に使いすぎにより負担がかかり、肘に炎症を起こして痛みが出てきます。日常生活では掃除機をかけたり雑巾を絞ったりなどで痛みが出てきて、慢性化したら肘に軽いバッグを数分かけるだけでも痛みが走ります。

肘の治療は安静にするのが原則ですが、普段の生活や仕事でどうしても使ってしまう場合は慢性化になる可能性があります。その為にも早期からのケアが必要となります
肘の痛み

DRT整体での肘の痛みの症例

当院の症例では【30代男性の方で、右肘の外側が動作時に激痛が走り、トラックからの荷卸しの仕事で普段から右肘を酷使しているのが原因と考えられる】この方の場合、痛みの発生が2週間前なので、まだ症状が慢性化していない状態でした。

当院では背骨を調整して「自然治癒力」を高めることにより症状を改善していくという施術法ですが、それは直接は触れない肩・肘・手首・指などにも抜群の効果を発揮します。

まずDRT整体独自の検査法で、まず肘の検査をしたところ、肘の外側や関連する手首や前腕に圧痛出たので、「この痛みが施術で引いて安定すれば肘は良くなります」と説明し、それを指標として施術を始めました。

一番重要な背骨の指標検査では3か所ともに中度の圧痛があり、背骨に歪みがある状態でした。まず背骨を調整することにより「自然治癒力」が高まり、肘に良い影響を与えるということが大切になります。

1回目の施術では肘の圧痛の指標が5割減になり、3日後の2回目の施術後では肘の調子も良くなり仕事にも支障が出なくなりました。この方は合計3回の施術で改善しましたが、慢性的に悪くなっている方はさらに施術回数が必要となり、またサポーターなどの固定も肘を使う時はしていただきます。

せき整骨院のご案内

住      所:
〒639-1158 奈良県大和郡山市藺町9
アクセス:
『近鉄郡山』駅/JR『郡山』駅から徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
0743-87-9345
営業時間:
午前10:00~13:00/午後15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ