奈良県大和郡山市にある当院は疲れにくい身体に体質改善する整体です

せき整骨院


かかとの痛み

かかとの痛みの概要

朝ベッドから降りた瞬間や、いすから立ち上がって第一歩を踏み出したときなどに足裏のかかとに強い痛みを感じたことはないでしょうか?その痛みの正体は足底腱膜に炎症を起こす「足底腱膜炎」と言う症状の可能性が高いです。

足底腱膜とは、足底のかかとの骨から土踏まずを通って伸びている厚い腱のことです。中高年以降、特に女性に多いこの症状の原因として、人は立っている時にはかかとと親指、小指を支点に体を支えているのですが、ここで重要になるのが土踏まずと言われるアーチ状に凹んだ部分で、この凹みがしなることで足裏の衝撃を吸収してくれます。


特に足裏の筋力不足などでアーチがなくなり、いわゆる偏平足になると長い時間立ったり歩いたりすることができなくなってきます。足底腱膜炎は、歩きすぎや長い時間立ちっぱなしでいることにより、足底腱膜に負担がかかりすぎて小さな亀裂が入り、炎症を引き起こすことが原因です。
かかとの痛み

足底腱膜炎の特徴

足底腱膜炎になる方の多くは、もともと筋肉の弾力性が不足しているため、そこに体重がかかって無理やり引っ張られることによって亀裂や炎症が起こるのです。

足底腱膜炎は出方に大きな特徴があるので、自分でもわかりやすい症状といえるでしょう、かかとの肉が減ることで骨がむき出しになり、そこを押さえると痛みが出る、歩き始めや長時間立っていると、かかと付近に痛みを感じるという場合には足底腱膜炎が疑われます。

最も注意すべきなのは、朝起きたときや長時間座っていた後の歩き始めの第一歩です。足裏に体重がかかった瞬間、強い痛みを感じます。それでも何とか次の一歩を踏み出すということを繰り返していけば次第に足裏がほぐれて痛みは治まっていきますが、痛み方のサイクルはこれを繰り返していきます。なかには長時間歩いたり立ったりすると、夕方に痛みが出現する方などもいます。

足底腱膜炎で手術が必要になる方はほとんどいません。施術とセルフケアで十分に改善します。この症状は当院では女性の方が多く、特に立ち仕事で足に負担をかけている方が多いです。DRT整体での検査ではかかとの肉のつきかたと股関節から足首までの異常を探していき、それを指標にして施術していきます。

DRT整体による足底腱膜炎の有効性

DRT整体で自然治癒力が高まれば、かかとの肉も次第に増えショックを吸収できるようになり、また足全体のバランスを良くすることで、一か所の負担がかからず分散され治癒も早くなります。なお、自分で行う運動などのセルフケアがこの症状を改善するためには重要となりますので、当院では症状の段階に応じて適切な指導をしております。

せき整骨院のご案内

住      所:
〒639-1158 奈良県大和郡山市藺町9
アクセス:
『近鉄郡山』駅/JR『郡山』駅から徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
0743-87-9345
営業時間:
午前10:00~13:00/午後15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ