奈良県大和郡山市にある当院は疲れにくい身体に体質改善する整体です

せき整骨院


自律神経失調症

自律神経失調症の概要

自律神経失調症は誤解されやすい症状です。体の働きを一定の状態に保つ自動調整機能の狂いによる症状なのですが、しばしば、やる気がないとか、気のせいだとか、精神的なたるみや弱さのせいにされがちです。自分でも、しっかりしないとと頑張ってみたものの、体がいうことをきかず、ますます具合が悪うなってしまうという悪循環に陥りがちです。

とくに理由はないのに体がだるい、頭痛や肩こりがとれない、便秘と下痢を繰り返す、よく眠れないなどといった体調不良に悩まされて、病院を訪れる人が増えています。しかし、血液やレントゲン検査などをしても異常がないというケースが少なくありません。一般的にこのような原因がはっきりとわからない場合は自律神経失調症と診断されます。


自律神経の働き

それでは自律神経とはどういった働きをするのかというと、まず意思とは無関係に働き、人間が生命活動を行う為の、心臓、胃腸、肺、気管、血管など、その他さまざまな器官を24時間休むことなくコントロールしている、いわば生命維持装置のような働きをする神経です。

そして自律神経はさらに「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。交感神経は「活動する神経」といわれ、主に体が活動しやすいように働きます。一方、副交感神経は「休む神経」といわれ、臓器や器官の働きをリラックスさせ、エネルギーを保存する働きをしています。たとえば交感神経が強く働いている時は、心臓は鼓動を速め、血管を収縮させて血圧を上げる方向に働きます。しかし、その状態が続けば、体は危険状態に陥るので、そこで副交感神経に自動でスイッチが切り替わり、心臓の鼓動を遅くして血管を広げ、血圧を下げようと働くのです。


自律神経が乱れる原因

このように自律神経は交感神経と副交感神経が、お互いが綱引きをするように牽制し合いながらバランスよく働くことによって、私たちの体は正常に機能し、健康を保つことができるのです。ところが何らかの事情(ストレスや体の構造の問題)でこのバランスに乱れが生じ、その乱れが体の機能を狂わせると、心身にさまざまな変調をきたします。この症状こそ自律神経失調症です。

自律神経失調症の症状

自律神経は全身の器官や臓器にくまなく分布しているため、バランスがくずれた結果、引き起こされる症状も多彩です。体が疲れやすい・頭痛肩こり・耳鳴り・息切れ・めまい・不眠・便秘・下痢・しびれ・冷えなど多くの症状があり、一人でいくつもの症状を抱えている人もいます。自律神経が乱れると、こういったさまざまな体の症状が現れると同時に、精神的にも不安や抑うつといった症状が現れたり、集中力が低下するなど、情緒や気力、決断力など精神面に問題が起こりやすくなるのです。

DRT整体での自律神経の改善

自律神経をコントロールしているのは脳の一番奥深い部分にある脳幹の一部で視床下部という器官になります。自律神経失調症の原因はストレスと視床下部の働きの低下が上げられますが、DRT整体は脳幹のすぐ下の上部頸椎を調整して、視床下部を含む脳幹の働きを最大に開放させることを得意としていますので、強烈にストレスを抱えこんでいる以外の自律神経失調症には効果的に作用します。

当院で多い自律神経症状は、慢性疲労、頭痛、不眠、生理痛などですが、DRT整体独自の指標の痛みが取れ安定してくると、こういった症状も、しだいに気にならなくなる程良くなる方は多数います。主訴の肩こりや腰痛の軽減とともに、「そういえば最近よく眠れるようになりました」や「肩こりと同時に頭痛も楽になりました」など自律神経症状にも高い効果を期待できます。

せき整骨院のご案内

住      所:
〒639-1158 奈良県大和郡山市藺町9
アクセス:
『近鉄郡山』駅/JR『郡山』駅から徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
0743-87-9345
営業時間:
午前10:00~13:00/午後15:00~20:00
定休日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ